(掲載日:2018/7/11)

『とうもろこし茎切り機(もろ子)』

『とうもろこし茎切り機(もろ子)』

(株)マツモトは、『とうもろこし茎切り機(もろ子)』を開発し、2018年7月より販売を開始します。

収穫時に残ってしまうトウモロコシの長い茎を、箱のサイズに合わせて短く切りそろえる作業は、これまでナタや剪定鋏などの手作業で行われることが多く、長時間の作業は腱鞘炎の原因になることもありました。

マツモトが開発した『とうもろこし茎切り機(もろ子)』は、①処理能力が1時間に3,300本程度(50Hz時)と手作業の約3倍を実現、②茎の切りたい位置をマーカーに合わせて置くだけの簡単作業、③ステンレスバケット使用により清掃が容易で衛生的、かつ耐久性もバツグン、④軽量なので移動が簡単(収穫したトウモロコシを載せた軽トラックの荷台横などでも作業ができます)などの特徴があります。

『とうもろこし茎切り機(愛称:もろ子)』
型式:MMC-1型
全長:1000mm
全高:1030~1180mm(50mm間隔4段階)
全幅:830mm
処理能力:最大3,300本/1時間 程度(50Hz時)
モーター:単相120W×1、単相25W×1
重量:52kg
※処理能力は作業者の熟練度や作物の状態により変わります。

–お問合せ先–
株式会社マツモト
〒370-1201 群馬県高崎市倉賀野町2454-3
TEL:027-347-1921
FAX:027-347-1120

ウェブサイトはこちら