(掲載日:2019/7/2)

早くから良く穫れる耐病性品種 キュウリ『G(グリーン)・フラッシュ』 とにかくおいしい!

早くから良く穫れる耐病性品種
キュウリ『G(グリーン)・フラッシュ』
とにかくおいしい!

(株)ときわ研究場が新発売したキュウリ『G(グリーン)・フラッシュ』は、ウドンコ病、褐斑病に極めて強いため、薬剤散布が軽減でき、栽培後半まで安定した栽培ができます。8月~9月まき、10月~2月まきのハウス加温栽培で、つる下げ・摘芯栽培どちらも可能です。

主枝雌花率は9月播種で30~40%程度、11月播種で60%になります。各節1~2果成りが主体となります。低温期の果実肥大は早く、実留まりしにくく、果長は22cm前後、果色は濃緑、肩こけ少なく秀品率が高い品種です。

草勢は中位、子枝、孫枝とも確実に安定して発生します。葉は濃緑で中葉、受光態勢の良い草姿となり管理作業のしやすさが特徴です。

台木は「ぞっこん」「ときわGT-Ⅱ」が適しています。果実肥大が早いため、初期に十分な樹勢を確保し、主枝の地際から7節までの雌花を除去することがポイントです。

–お問合せ先–
株式会社ときわ研究場
〒355-0167 埼玉県比企郡吉見町田甲1087
TEL:0493-54-1155
FAX:0493-54-1332

ウェブサイトはこちら