(掲載日:2017/7/19)

三菱トラクタ 左:『GS252』 右:『GM550D』

三菱トラクタ
左:『GS252』 右:『GM550D』

三菱マヒンドラ農機(株)は、三菱トラクタの「GSシリーズ」「GMシリーズ」において、新商品を発表しました。

「ニューGSシリーズ」は、高効率作業を支える大排気量三菱S3L、S3L2エンジン搭載です。三菱トラクタ自慢の自動制御「ジャイロMAC」「VRC制御(M仕様)」は、均平性に優れた高精度な耕うん性能を実現します。ノークラッチで走行変速が可能な「EZドライブ(T仕様)」を新たに設定するなど安全・安心機能も充実しました。前後進は、シャトルレバーで簡単操作できます。主変速4段、副変速3段の12段変速を設定。超低速を標準装備しているので、畦塗りから耕うん、けん引作業まで多彩な作業シーンに対応します。

シンプル装備で低価格にご好評いただいている「GMシリーズ」、現行「GM450」「GM500」「GM550」トラクタに前後進ノークラッチ変速仕様を追加ラインアップしました。ローダー作業や耕うん作業時の四隅切り返しなど前後進を頻繁に行う作業時に優れた操作性を発揮します。エンジンは、国内特自4次排ガス規制に対応した、パワフルなディーゼルエンジンを搭載。エンジン内の燃焼効率を向上させることで、DPFを使わずDOCのみで排ガス規制に適合しています。DPFがないので面倒なススの再生作業が不要です。耕うん性能では、前進9段・後進3段の多段変速を採用し、細かな作業速度設定で(ジャイロMAC)作業の幅を広げます。ほ場条件に合わせて、耕深制御内容も変えられます(VRC制御)。畑など凹凸の少ない耕盤ではロータリの上下動を抑え、あぜ際や枕地などでは積極的にロータリを上げ下げします。

三菱トラクタ 「GSシリーズ」発表型式
ASUMA『GS182』『GS202』『GS232』『GS252』
※発売時期:平成29年6月から

三菱トラクタ 「GMシリーズ」発表型式
ASUMA『GM450D』『GM500D』『GM550D』
※発売時期:平成29年8月から

–お問合せ先–
三菱マヒンドラ農機株式会社 国内営業統括部
〒340-0203 埼玉県久喜市桜田2-133-4
TEL:0480-58-7050
FAX:0480-96-9996

ウェブサイトはこちら