(掲載日:2017/1/24)

一口食べて爽やかさを! 二口食べればおいしさ広がる!

一口食べて爽やかさを!
二口食べればおいしさ広がる!

(株)ときわ研究場が新発売したキュウリ『リスペクト』は、褐斑病、ウドンコ病に強く、ベト病にも比較的強いため、薬剤散布が軽減でき、栽培後半まで安定した栽培ができます。また、従来の耐病性品種に比べ環境適応性が高く幅広い作型での栽培が可能です。7月下旬~4月まき、促成、半促成、雨よけ、ハウス晩抑制栽培に適しています。

主枝雌花率は7月播種で20~40%程度、8月播種で30~40%、12月以降で60~70%になります。各節1~2果成りが主体となります。果実肥大は早く、初期から多収となり、樹ボケの心配が少なく、高温下においても順調に果実肥大し、尻細果の発生が少ないです。果長は22~23cmで、果色は濃緑、肩こけ少なく秀品率が高い品種です。

草勢は中強、子枝、孫枝とも安定して発生します。葉は濃緑で中葉、受光態勢の良い草姿となり管理作業のしやすさが特徴です。

台木は「ぞっこん」「ときわGT-Ⅱ」が適しています。果実肥大が早いため、灌水は多めに行い、追肥が遅れないようにすることがポイントです。

–お問合せ先–
株式会社ときわ研究場
〒355-0167 埼玉県比企郡吉見町田甲1087
TEL:0493-54-1155
FAX:0493-54-1332

ウェブサイトはこちら