コウランサンギヨウ
■資料進呈します。
■モミ酢をつくって天然防除、病害虫獣、雑草対策に。もみ殻の有効利用。
【ミニミニ燻燃器(MMKN-24IW)】:24L型ステンレス製。天然防除の燻燃クン炭・燻燃モミ酢、さらに高可溶性の有機ケイ酸灰(草木灰)も作れます。クン炭づくりの際、モミガラの中に入れておけば、焼いも・ごはん・カレーライスなどもつくれます。[仕様]本体サイズ(天フタ含む) 430×300㎜。投入もみ殻量 約19L。出来クン炭量 14L(pH約6)。出来ケイ酸量 約600g(pH約9)。回収モミ酢液量 約100cc(pH3.5)。
【燻燃器(クンネンキ)】:手間なく、自動消火。監視不要です。上面着火で火は下に!煙が出来上がったクン炭の中をまんべんなく通り、モミ酢を含んだpH6.0~6.5の燻燃クン炭の出来上がりです。低温焼成だから、燻燃クン炭、燻燃モミ酢のミネラルは作物に吸収されやすい形で含まれています。家畜の敷料で子牛の下痢予防、クン炭と発酵エサで家畜の病気、糞尿の臭いが激減、ホットプレートでトウガラシ・ニンニクモミ酢を非農薬資材に、クン炭でラクラク水稲育苗など、有効活用していただいてます。剪定枝も細断後、モミガラと混ぜればクン炭に!【203AS】200L型耐熱鋼材。【505】500L型耐熱塗装。【510SS】500L型ステンレス。
【ワラクサール】:有機物腐熟促進材。地力回復の決定版。年内散布がベストです。ワラにばらまき、そのまま堆肥化!散布後、年内に浅く耕してください。
【ワラクサールEX】:稲ワラの有効利用!コンバイン刈り後の稲ワラの腐熟促進に!浮ワラ、湧きを軽減します。従来品より少ない使用料で効果あります(10a当たり9.5kg/1袋)
【コーランネオ】:有機物腐熟促進材。腐葉土・堆肥・ボカシ作りに!落ち葉を集めて腐葉土に(材料1000Lの場合、「コーランネオ」2kg+米ぬか10kg。[クン炭ボカシの作り方]もみがらクン炭120ℓ、米ぬか30kg、コーランネオ200gの順に混ぜ合わせ、200倍に薄めたモミ酢液(木酢液)10ℓを徐々に加えてください。クロス(土のう)に入れて、夏場2~3週間、冬場1ヶ月くらいした後ご使用ください。その間2~3回切り返してください。→[出来たボカシの使い方(目安)]元肥:200~300g/㎡、追肥:100~200g/㎡
※弊社製品は各種工業所有権があります。類似品にご注意ください。

ウェブサイトはこちら