ノウリンスイサンギヨウミライキキン
■未来はいつだって現場から生まれます。私たち「(一社)農林水産業みらい基金」は、JA(農業協同組合)・JF(漁業協同組合)・Jforest(森林組合)グループの一員である農林中央金庫によって設立されました。
【農林水産業みらい基金】:農林水のみらいをつくる全国の活動を応援しています。今回は2016年度に助成が決定した9つのプロジェクトのうち、3つをご紹介します。
【ぶどうづくりのみらいへGO!】:梨北農業協同組合(山梨県韮崎市)。農家の技や経験に頼ってきたぶどうづくり。そこで、ドローンやAIなど最新技術を駆使して、ぶどう栽培で重要な作業をサポートするソフトやアプリを開発。これからぶどう農家になりたい人を応援します。
【森の救世種コウヨウザン現る!】:一般財団法人広島県森林整備・農業振興財団(広島県三次市)。戦後、台湾から帰国した研究者が植えた「コウヨウザン」の林が、60年の時を経て見つかった!成長が早く強度があるこの”夢の樹木”を、広島県から全国に広げることに挑戦します。
【おちゃくりから、びっくりする未来を。】:株式会社四万十ドラマ(高知県高岡郡四万十町)。この町の加工品の評判が全国で高まるなか、地元で採れた農作物の確保が大きな課題になっています。そこで行政・生産者・人材派遣会社・JAとタッグを組んで、町の名産品を支える担い手づくりに挑戦します。

ウェブサイトはこちら