ノウリンスイサンギヨウミライキキン
■未来はいつだって現場から生まれます。私たち「(一社)農林水産業みらい基金」は、JA(農業協同組合)・JF(漁業協同組合)・Jforest(森林組合)グループの一員である農林中央金庫によって設立されました。
【農林水産業みらい基金】:2018年度助成事業募集スタート。「ことしも、みらいを募集します。」農林水産業の未来は、現場から始まっている。これまでのやりかたにとらわれない挑戦が、地域を変え、日本の未来を変えていく。そう信じる私たち「農林水産業みらい基金」は、今年も一緒になって、そのチャレンジを応援します。いよいよ基金5年目の募集のスタートです。これまで選ばれた32のプロジェクトに続く、今後に向けてのモデルとなり得る事業をお待ちしています。
■2017年度分は、79件の応募の中から9つのプロジェクトへの助成が決定。
【岩手県一関市・株式会社浄法寺漆産業】:国内で使用されている漆は、約98%が中国産!最新の漆採取法を導入して国産漆の生産性を高め、漆産業の復活に挑戦します。
【岩手県遠野市・認定NPO法人遠野山・里・暮らしネットワーク】:目指すは新しい日本のグリーンツーリズム。国内旅行の新たな文化と、東北への新しいインバウンドの流れを作ります。
【宮城県塩釜市・一般社団法人浦戸夢の愛ランド】:震災の影響で過疎化が進む離島・桂島で、移住者を牡蠣養殖業の後継者として育成する取り組みを進めます。
【宮城県登米市・登米町森林組合】:ICTで国際基準の認証木材のトレーサビリティを確立。広葉樹を活用した独自の商品開発・販売も進めます。
【福井県全域・株式会社フィッシュパス】:川釣り用遊漁券をスマホで買えるアプリを開発。監視業務や防災情報発信にも活用、同時に飲食・宿泊施設もPRして地域の活性化につなげます。
【三重県松阪市・松阪飯南森林組合】:きのこ菌床事業を強化し、広葉樹の循環を促すことで、地域山林の再生と新たな雇用創出を目指します。
【高知県幡多郡黒潮町・有限会社土佐佐賀産直出荷組合】:地元の魚を活用した女性目線での商品開発、手作業による丁寧な加工食品の製造。行政や大学とも連携しながら、全国へ発信します。
【熊本県菊池郡大津町・ネットワーク大津株式会社】:生産した飼料用米を用いて混合飼料を製造し、地域の畜産農家への供給を行うことで、稲作経営と畜産経営両方の課題解決を目指します。
【沖縄県石垣市・農業生産法人 有限会社伊盛牧場】:コストや労力削減、サンゴの保全にもつながる「心土破砕」技術で草地を再生し、牛の飼料の島内自給を進めます。

ウェブサイトはこちら