オーガニツクランド
■オンラインショップ【IPM資材館】:異常気象に負けない肥培管理。人がなめても、作物、土壌にも安心!減農薬栽培が可能な資材各種取扱い。天然腐植/フルボ酸資材、【Land-Max】、発根生育促進液肥GABA(適合溶出)、光合成活性促進液肥、活性酸素/浸透圧調整液肥、亜リン酸液肥+K/+Ca/+Mg、水分蒸散抑制資材など。
【Land-Max(ランドマックス)シリーズ】:土壌改良剤。根圏の微生物バランスを改善します。選抜放線菌、トリコデルマ菌。
【活性トリコ】根に共生し根圏を保護します。トリコデルマ菌は根の分泌物を好み、いち早く根に寄与し、その分解物を養分に発根や根張りを促進します。育苗段階や定植初期に500倍希釈液で散布またはどぶ浸けして根に寄与します。他社製品より膜厚で繁殖力が旺盛、土壌病害菌から根圏を保護します。
【大地の誓い】拮抗性微生物補給資材。連作障害が出やすい圃場は拮抗微生物が不足しています。土壌消毒や還元消毒では善玉菌も悪玉菌も減りますが、悪玉菌は復活が早く善玉菌は復活が遅いため、播種・定植前に10kg(30L)を2~10袋/10aを土壌混和します。土壌病害菌にはキチン質由来とセルロース由来の細胞壁の菌に大別できます。本資材には、各々に対する分解酵素(キチナーゼ、セルラーゼ)の生成を得意とする菌種を特定してバーミキュライトに吸着させ病原菌を選ばずに拮抗力を高めます。
【大地のしずく】選抜放線菌培養ぼかし液肥。糸状菌(フリザリウム菌等)や線虫卵対策にオススメです。キチン質を分解するキチナーゼをよく生成する選抜放線菌で培養したボカシ液なので、原液中にはキチナーゼを多く含んでいます。播種定植の直後または病害が発生する1ヶ月前に30~50倍希釈液を株元に灌水することで、株周辺の土中のキチン質を溶解して不活性化すると共に、植物の自己免疫力を活性化します。
【キトチュール】:土壌改良剤。発酵分解キチン質類。
【MR-21・モグラットー】:土壌活性忌避剤。
【ストッパー】:作物活性・葉面保護液。

ウェブサイトはこちら