ニホンノウリツキヨウカイ/クサカリジヨソウワールドジムキヨク
【草刈り・除草ワールド2020】:同時開催含め約100社が出展!!来場登録受付中!!聴講無料、注目のセミナーが満載です!計36セッション、事前登録制、定員100名。「草刈り事故事例から考える安全対策」(株式会社アイデック 営業部 中道岳/11月11日11:00~12:00)、「水田畦畔の管理に対する提言」(特定非営利活動法人 緑地雑草学研究所 雑草インストラクター 豊田吉之/11月12日11:00~12:00)、「除草の人手不足を嘆く前に雑草管理技術を学んでみては?」(マイクロフォレストリサーチ株式会社 代表取締役 伊藤幹二/11月13日13:40~14:40)。その他、鉄道、地下で広がる草、河川、太陽光発電所など雑草対策に関するテーマを含め無料セミナー計36セッション。
[会期]2020年11月11日(水)~11月13日(金)、10:00-17:00。[会場]東京ビックサイト青海展示棟。
【スマートアグリ技術展(アグロ・イノベーション2020)】:同時開催含め約100社が出展!!本展Webにて来場事前登録受付中です!聴講無料、注目のセミナーが満載です!計36セッション、事前登録制、定員100名。「スマート農業による我が国農業の課題解決について」(農林水産省 農林水産技術会議事務局長 菱沼義久)、「2俵も増えてたまげたよ!サトちゃん、『への字』稲作に挑戦」(福島県耶麻郡北塩原村 農家 佐藤次幸)。上記は抜枠です。聴講申込・セミナー最新情報は本展Webをご覧ください。
[会期]2020年11月11日(水)~11月13日(金)、10:00-17:00。[会場]東京ビックサイト青海展示棟。[同時開催]【草刈り・除草ワールド2020】、【鳥獣対策・ジビエ利活用展2020】、【野菜・果物ワールド2020】。[アグロ・イノベーション2020主催者企画コーナー]チューリップ球根ネット栽培 機械化モデルの紹介。日本一の出荷量を誇る富山県のチューリップ球根もオランダから大量の球根が輸入され、栽培の省力化、コスト削減が課題となっています。本コーナーでは、ネットとネットの間に球根を挟んで栽培する「ネット栽培機械化モデル」を紹介します。植え込み機はGPS機能を用いての自動走行、車速連動植え込みシステム、レーザー光線による植え付け深度均一装置、収穫機はネットの巻取り装置の自動化、球根回収機との並走システムなどスマート農業技術を駆使した省力機械化体系を紹介します。企画協力:富山県花卉球根農業協同組合。
【北海道アグリ・フードフォーラム2020】:2020年、北海道アグリ・フードプロジェクトが「進化」します。「農業は面白い」を北海道から世界へ![会期]2020年11月26日(木)・27日(金)10:00~17:00 フォーラム受講料、展示会入場料無料。[会場]TKPガーデンシティPREMIUM札幌大通5F・6F・7F[主催]一般社団法人日本能率協会[開催規模]〈フォーラム〉全30セッション、延べ3000席※100席×3会場×各日5セッション×2日間〈併設展示会〉40社50ブース[参加対象]農業生産者、農業団体、食品関係者、機械メーカー、ITベンダー、研究機関、行政、他。
[併設展示会出展社募集]2020年5月7日(木)より受付開始。併設展示会では「農業」「食」に関わる製品・技術・サービスを扱う出展者を募集します。〈出展対象〉農業生産、酪農経営、スマートアグリ、リスク管理、食品加工、物流・流通、経営管理、食品・飲料〈出展ブース料〉1ブース 180000円(税抜) 基礎ブース 約5㎡

ウェブサイトはこちら